HOME > 小山の麺づくり

小山の麺づくり

1.厳選素材をブレンド

風味が高く、ソフトな弾力を持つ麺づくりに適した高品質な粉だけを厳選し、絶妙なバランスでブレンドします。

2.水・塩でしっかりこねる

胆沢川水系の清らかな水を、磁気活性化して用い、ミネラルを豊富に含み健康に優しい自然塩を加えて、しっかり、じっくり混ぜ、こね上げます。

3.麺帯に加工

しっかりこねた素材を、ほぼ均一な厚さの麺帯に加工します。すぐ圧延せず、麺帯のまま「熟かし」が進みますので、この間にも「旨味」が徐々に増し続けます。

4.圧延、切り出し

充分に熟かされた麺帯を最新の6段階連続圧延麺機にかけ、麺線に加工する工程です。切り出しの後第2段階の5時間の熟かしに入り熟成がさらに進みます。

5.じっくりと乾燥

「肌理(きめ)の細かい」のどごしの旨さを誇る麺づくりの決め手は、やさしく干し上げることにあります。じっくりと約24時間乾燥、ここで深みのある旨さが加わります。

6.検品・包装・梱包

それぞれの最適なサイズに切り揃えられた製品の数々が、しっかりとパックされます。安全を大切にした検品も同時に進められます。

7.出荷・配送〜お客さまのお手元へ

コンピュータにより迅速に処理された受注伝票に基づいて、本社から一斉に全国各地の皆さまの元へと出荷されて行きます。